お金を借りる時の契約についての解説

複雑な契約をしなくてもお金を借りることができるサービスが増えています。
例えばクレジットカードのキャッシング機能や消費者金融の行っているキャッシングサービスは
そんな気軽にお金を借りる事が可能な方法の代表と言えます。

 

近年、そんな貸金サービスで名を聞く様になったのがカードローンです。
これは、消費者金融ではなく大手の銀行が取り扱うサービスです。
かつては銀行でお金を借りるには、厳しい審査を通る事が必要でした。

 

そもそも銀行というのは、お金を預かってそれを運用する事で利益を得ています。
勿論、預かったお金を運用するには貸し出しを行って利息を得る事が必要となりますが、
その対象は企業であったり、住宅ローンであったりと、動く金額が大きい物が中心だったのです。
一方の消費者金融は文字通り、消費者に対する小額の貸し付けをメイン業務として来ました。
近年ではお金を借りる事が可能な利用限度額が数百万円になる等、大きな金額の融資にも
対応出来る様になりつつあります。
つまり、消費者金融の力は増大していると言えるでしょう。

 

こうした状況に加え、景気の冷え込みが続く中で銀行が企業だけでなく消費者向けの融資に
力を入れだしたのも頷けます。
銀行系カードローンには、消費者金融にはない強みがあります。
それは、貸金業法の制限を受けない事です。
貸金業法では年収の3分の1を超える融資を行う事は出来ず、これらはキャッシングだけでなく
ローン等の総量で計算されます。
いくらキャッシングの貸し付け限度額が高くても、実際にその金額を借りる事は難しいのです。
この点、銀行系カードローンは銀行業法に則って取り扱われますので、貸金業法の規制の
対象にはなりません。この事から、おまとめローン等に利用しやすいと言うメリットがあるのです。

 

お金を借りるための準備はしっかりやろう